鍼での施術について


当院の鍼施術の特徴をご紹介いたします。

そもそも鍼は昔、野山の植物のトゲなどで身体を傷つけたときに身体の悪かったところが良くなったので、石鍼や骨鍼や竹鍼で傷つけたり、押して刺激を与えてみたりしていき現在の鍼になったと言われています。そして、その石鍼や骨鍼の素材が変り、金や銀と変わっていきステンレス製のディスポーザブル(使い捨て)の鍼を使用しています。使い捨てなので感染症のリスクはありません。

単刺

鍼を刺入(体内に入れる)しすぐに抜鍼(鍼を抜く)するという技法です。

筋肉や神経・経穴(ツボ)や圧痛点(痛みのある部分)に鍼を刺し、すぐ抜くという施術を数か所繰り返します。 鍼は刺したままにはせずすぐ抜くというものになります、筋肉のコリや緊張を緩め、初めての方でも安心して受けることができます。所要時間は5分程度です。

置鍼

鍼を刺入し、しばらく刺したま

まにしておき抜鍼(抜く)するという技法です。

筋肉や神経・経穴(ツボ)や圧痛点(痛みのある部分)に鍼を刺し、そのまま置いて10分たったら抜くという施術をします。

先ほどの単刺術よりも刺激が強くなるので強めの肩こりや腰痛、神経症状等にも効果ありです。

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

つばめ鍼灸接骨院の口コミ
特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

〒989-2203宮城県亘理郡山元町つばめの杜3-14-11

(旧)浅生原新田1-111

​平 日
土曜日

午前  9:00-12:00

午後 14:00-19:00

午前  9:00-12:00

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

​休業日

土曜午後、日祝日

◆予約優先制◆

24時間受付のWEBでのご予約は

Copyright(c) 2017 つばめ鍼灸接骨院 All Rights Reserved.