○○椎間板ヘルニア

人の背骨は

首に7個の椎骨(頚椎)

胸に12個の椎骨(胸椎)

腰に5個の椎骨(腰椎)

5個の仙椎で癒合して1つの仙骨があります。

 その椎骨と椎骨の間には椎間板というものがあります。椎間板は軟骨成分である為、レントゲン撮影には映らないものになります。その椎間板が上下の椎骨からの圧力により押しつぶされて椎間板の繊維輪や中心の髄核が飛び出し、脊髄からの枝の神経を圧迫しシビレや痛み、違和感、知覚異常(感覚異常)、などを引き起こすのが椎間板ヘルニアというものです。

その椎間板がつぶされて飛び出し、脊髄からの枝の神経を圧迫しシビレや痛み、違和感、知覚異常、などを引き起こすのが椎間板ヘルニアというものです。

良く聞く、椎椎間板ヘルニアの言葉を分解すると・・・

椎間板(椎骨と椎骨の間の軟骨)

ヘルニア(hernia:臓器の一部が本来あるべき腔から逸脱した状態)

なので、「椎間板が正常な位置から飛び出している」ものなのです。

基本的に左側寄りに飛び出していたら左側にシビレや痛みが。

右側に飛び出していらたら右側にシビレや痛みが。

稀に中央に飛び出す場合があり両側にシビレや痛みがあります。

原 因

原因として姿勢・動作・遺伝・椎間板の変性(加齢)などがあります。

ほとんどは、腰に負担をかけることが原因になります。

症 状

典型的な症状は「痛み」と「しびれ」です。

そのほか、重い感じ。筋肉痛のような痛み。違和感。だるい。表現は様々です。

どの場所に痛みやしびれが出現するかは、脊椎のどの部分で椎間板ヘルニアが起こっているのかによって変わります。

頸椎椎間板ヘルニアは、首や肩や背中、腕~手の痛みやしびれといった症状が現れます。

胸椎椎間板ヘルニアは頻度が少ないですが、下肢のしびれや違和感で気がつくことが多いです。

腰椎椎間板ヘルニアは発生頻度が高く、腰やおしり、下肢にかけて痛みやしびれが発生します。

治 療 法

当院では問診、徒手検査等を行って椎間板ヘルニアの発生部位を確認をしてます。

手技療法や鍼灸の施術をし痛みの確認を行いながら苦痛の緩和の手助けをしていきます。

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

つばめ鍼灸接骨院の口コミ
特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

〒989-2203宮城県亘理郡山元町つばめの杜3-14-11

(旧)浅生原新田1-111

​平 日
土曜日

午前  9:00-12:00

午後 14:00-19:00

午前  9:00-12:00

お問い合わせ・ご相談・ご予約は

​休業日

土曜午後、日祝日

◆予約優先制◆

24時間受付のWEBでのご予約は

Copyright(c) 2017 つばめ鍼灸接骨院 All Rights Reserved.